ムダ毛の自己処理はココに注意

ムダ毛の自己処理はココに注意

自己処理

自己処理(じこしょり)というのは、脱毛についての特別な用語で、自分自身でムダ毛の処理をすることを指します。


ラヴォーグのような脱毛サロンに通おう、と思う動機の一つが、面倒な自己処理を止めたい、ということがあります。


それでも、脱毛サロンでの脱毛施術が終わるまでは、自己処理を行う必要がありますので、自己処理についての理解は重要です。


まずは簡単なルールから紹介します。


ムダ毛を抜くのはできるだけ避ける

毛抜きは避ける

ムダ毛の自己処理についての基本ルールは、ムダ毛を抜くのはできるだけ避けるということです。


ムダ毛を抜くと、抜いた毛根の周りに柔らかい組織がついていますよね。毛を抜くと、毛根の周囲の組織ごと引きちぎってしまうような感じになるのです。


皮膚、肌にかける負担がとても大きいのです。


ムダ毛を抜いて自己処理してしまうと、抜いた後に炎症とか埋没毛の発生を招きかねません。ピンポイントでこの毛を抜きたい、という時にどうしても毛抜きを使うときはあると思いますが、ワキ全部を毛抜きで抜くとか、そういうことは止めた方が良いです。


毛抜きと同じく、ムダ毛を抜く系統の自己処理方法に入るものとしては、脱毛ワックスとか脱毛テープがあげられます。脱毛ワックスは一部で人気もありますが、毛抜きを大規模に行うものと考えて良く、肌への負担という意味ではできるだけ避けた方が良いです。


正しく使えばカミソリがベスト

カミソリ

それでは自己処理には何が適しているの?ということですが、正しく使えばカミソリがベストです。


カミソリは、毛根部は残したまま、ムダ毛を途中でカットする方法です。カミソリには肌をごく薄く削ってしまうという要素もありますが、毛根部を抜くよりは、肌にかける負担ははるかに少なくて済みます。


カミソリと同じく、ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法に入るものとしては、電気シェーバー、脱毛クリーム(除毛クリーム)などがあります。


脱毛クリーム(除毛クリーム)は、ムダ毛を溶かすものですが、比較的強い薬剤が含まれている場合がありますので、自分の肌との相性には十分注意しましょう。


自己処理前後のケア

蒸しタオル

自己処理前後には正しく肌をケアしてあげることも重要です。


@自己処理前には温めて、ムダ毛を柔らかくし毛穴を開かせる
A自己処理後には冷やして、肌を引き締める
B最後に必ず保湿ケアを行う


こうしたケアを行うには、蒸しタオルを使うと便利です。


蒸しタオルは電子レンジで簡単に作ることが出来ます。タオルを水で濡らして、ラップに包んで電子レンジで30秒ぐらい温めれば出来上がりです。


蒸しタオルは、温かいうちには、自己処理前の温めケアに使うことができ、冷えてきたら自己処理後の冷やしケアにつかうことができます。


ラヴォーグのような脱毛サロンに通っていても、しばらくムダ毛の自己処理は続きます。正しく自己処理して、楽しい脱毛裸婦を起こってくださいね♪


全身脱毛サロン『ラヴォーグ』鹿児島天文館店について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。キャンペーン情報なども順次追加しています!